読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7

わたし正直自分の善悪の捉え方に自信がないです、

法律的な善悪というよりかは、お母さんが子供に怒るか怒らないかっていう感じの善悪

何が良くて何が悪いかは分かっているつもりですが、

親には分かってなさそう、と言われます。

そう言われるのは、一応何でかは分かっているつもりで、

自分の中で、良い悪いを分かっている理解しているというのと、それに基づいて行動するってのが結びついてないのかな

というふうに考えています。

これが何でかは分からないです。

 

中学1年生の時、部活に入ってまだ日が浅い頃のことなんですが

部活で、トイレットペーパーの芯を持ってくるようにと言われたことがありました。

金曜に言われて土日はさんで月曜のことだったかどうだったか、まぁ私はすっかり忘れてしまって学校にきてしまっていたんですね。

でも部活の先輩達・先生が怖いというのと、忘れ物はしちゃだめだろうというので

放課後の部活の前に、学校のトイレにいってトイレットペーパーの芯を探したんです。

そこであったらそれで済むからいいかなと思いました。

でも、ま多分ゴミ箱の中になら芯あったんだろうけど芯だけで置いてあるのはなくて、

う~~んと私は考えて

紙がまだまかれているトイレットペーパーの紙をとって、芯だけ取ったんですよ。

結構きれいに取れたんで、何事もなかったかのように芯抜きトイレットペーパーを他のトイレットペーパーとおんなじようにたなにセットしました。

で、同じ部活に入ってるあと何人かの友達の中にも忘れてしまっていた子がいたので(二人だったかな)

その子たちに教えてあげました。トイレの取ったよと。

その後は掃除の時間があって、放課後の部活という流れだったんですが

掃除の時間のときに多分芯を忘れちゃってた友達のうちの一人がその取ってた場面を先生に目撃されて、で、みんな校内放送で名前出されて呼び出されました。

それでなんか応接室みたいなところいって、三人横並びで座って

すっごい怒られたんです。

ものすごく

良いか悪いかでいったら悪いのはわかるけどここまで?ってすっごい疑問におもうくらいながーく怒られました。

ごめんなさいもうしません。って言ったぞ~って

芯抜いてもセットして使えると思う、って一瞬いいそうになってやべやべそういうやつじゃないや、って言うの寸止めしました。

私のイメージだとこの悪さは、「こういうことはしてはいけません、分かった?」で終了位のものだったのでそれとのギャップに終始驚いていました。

最初に見つけた先生にまずは怒られて、で、そのあと担任の先生がきて怒られました。

で最後に校長先生のとこまで連れてかれて謝りました。

何かよくわかんないな~ってすごい思ってた

私と一緒にやっちゃった友達にはごめんねってすごい思いました。で謝った。私が教えたせいだから

あーあとは、部活の先輩にあやまって、顧問の先生にあやまりました。

なんかすごい怒ってたけどなんでそんなに怒ってるのか正直訳がわからなくて謎でした。

あれ~私万引きでもしたんだっけって思ってた。

あとよく分からなかったのは

担任の先生に怒られたときに、

もう一つ注意されたことがあったんです

席替えに関してのことだったんですが、

席替えってくじびきでしたり自由だったりいろいろかと思いますが、

視力が弱い人とかってそれより一番最初に席選べる時間がありますよね。

私と、あと二人の三人はまぁ仲よくて

その特別ルールつかって近い席になってたんです。何度か。

これは悪いことですよね。みんなはそういうの我慢してるのに自分たちだけ自由にやってたんだから

で、そのことを怒られました。

でもすごい疑問でした。

なんでその席替えしたときに怒らないのって思いました。

ついでに言ったみたいに言ってました。

私的にはトイレットペーパーのことよりこっちのことのほうが悪いと感じていて

変なのって思いました。

あとは、その時期ちょうど担任の先生、親、生徒の三者面談の時期で

私と一緒におこられた友達は、先生がその場でトイレットペーパー事件の話をしたらしく、親にそのことばれちゃったと私に教えてくれました。

なので、あー私も言われるのかなと思ってたんだけど

言われませんでした。

私以外みんな言われてたのに私言われなくて、?????でした。

いろいろ疑問が多くて自分的にこの出来事の謎をいっこにまとめてさらに解決までもっていこうと考えて、

中学校の先生はなんかおかしい

っていう結論になりました。

てか先生という存在が、自分とかけ離れてすごいものだという感覚が失せました。

小学5年生のときにも同じこと思ったんだけど、やっぱりそうだったかーってなりました。

 

ずらずら書くと、私の文章こどもっぽいな!

事実、相当私はこどもなんだと思います